スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対人スランプウホウホ(・ε・)

 仙鬼になって初めてのスランプに陥りましたw

スキルも結構振れてきて魔のときと基本能力はそこまで変わらないくらいまで伸びたのですがガチ修羅等での成績は散々な結果になっています><;(KDはさておき内容が酷い・・・)

しかし旅団員の方々から貴重なアドバイスを頂き勉強させていただきましたw
アドバイスしてくださった皆様どうもありがとうございます!

課題としてはチーム戦での凸の時期と、迷わない間違わない気負いしない!

後はしっかり仙スキルを使いこなせるようもっと練習するのみです。

反省点として最近決闘に明け暮れていたせいかチーム戦での動きが微妙にずれてきたこと。

最終的にはチーム戦での対人テクが決闘にも生かされるような気がしますw


格上と戦うとき必要以上に力むのも何とかしないとw

とまぁこんな感じで試行錯誤しつつもっと強くなるぞーw
スポンサーサイト

対人(・ε・)ウホウホ

 誅仙の対人において装備と三界等、スキルに差があると対等に戦うことすらままならないことがあります。ただ稀にそれを超越するほど上手い人がいたりします。


 こちらが倒せると思っていてもそれを読んで的確に対処する某鎌様や鈴様!
自分もそうなりたいと思いつつ日々精進している次第であります。


何かかしこまりましたがとにかく対人はやっぱり楽しいなとw
ダメージのインフレ何とかしてくれたらもっと楽しめそうですねw

新派閥実装後のバランスがどうなるのか楽しみですw

新派閥相手に鬼で戦えるのかどうか!w

対人日記(・ε・)

 対人でいかに立ち回るか。そんなことばっかり考える今日この頃です。



今日はチーム戦での動き方について自分なりの解釈を踏まえて適当に書いてみます。

 


 誅仙の対人において一番難しいのが倒すことよりも生き残ることだと思います。生き残るということは敵を全滅させるか前線からの離脱するかになるのですがこの判断が中々難しい。。。

 

 猪突猛進して2、3人巻き込んで自分も死ぬっていうやり方もありですが自分はあまりやりません。どちらかというと無理せず凸って1人、運よければ2人くらい倒して後方の味方と合流っていう戦い方が多いです。この際に撤退するときに当然追い回されます。ただし後方の味方がそれらの敵をうまく撃破ないし追い払ってくれれば自分は生き残りまた凸るチャンスも生まれてきます。

相手側からすれば倒されてしまった1,2人の損失に加え敵に逃げられまたチャンスを与えることとなり一気に不利になってきます。また足並みを崩すためにもこの方法が一番理想ではないでしょうか。間違ってたらサーセンw


もちろんこんな芸当できるのは一部の無敵職や鎌くらいですが・・・。

とにかく大切なことは凸った後生き残ることです。



 もちろん時と場所によってはゾンビアタックが必要な時もありますが、力が拮抗しているようなチーム戦では得に重要だと思います。



以上どこぞの仙鬼の気まぐれ対人日記でした(・ε・)v

強くなりました!

私ば~いはどそんは強くなりました。でも周りの方がもっと強くなりましたw

仙鬼楽しいですがやること多くて大変ですw

最近の課題はスキルミスを減らす!あわてない!後ろに目を!でしょうかw

もっと強くなるぞー

鬼VS色々(・ε・)

巷ではバルトとか炎華谷やら新派閥で盛り上がっていますがほとんど情報を把握していませんw相当強いみたいですが・・・。とりあえず自分は仙鬼としてできることやろうかと思いますw

今日は対人での鬼VS他仙族派閥について鬼目線で簡単な戦い方をご紹介したいと思います (。・x・)ゝ

鬼VS鬼の場合
 極端に言うと先無敵入れさせて聚賢化で仕留める。これだけですwMP飛ばしたり鈍足入れたり嫌がらせをしつつ無敵を入れさせて距離をとって無敵切れたら聚賢化で確殺。先無敵入れてしまうと後手に回ってしまうのでご注意をw

鬼VS鈴の場合
 特に注意することが二つあります。無敵と内気孔が入ってるかどうか。仙鈴とかだとスキル回避あがってないかこれらが入ってる状態だと一撃を狙うのは厳しいと思いますw後は臨機応変にw相手も一撃必殺狙ってくることを忘れずにw

鬼VS黒の場合
 毒はもちろんのこと仙黒だと彷徨い打たれたり色々大変なので無敵のタイミングは的確にw後は深追いをしないことも大事だと思いますw常にカウンターを狙うくらいがちょうどいいと思いますw

鬼VS天
 狂霊壁を有効に使って昏睡対策をしつつ無敵と絡めて瞬殺するか距離をとりつつタイミングを見定めるか。昏睡の当たり判定は相当早いので注意して無敵等入れる必要があります。

鬼VS青
 相性はあんまりよくありませんw頑健入れられると剥がすのが大変ですし舞空術でぴょんぴょん跳ねられると追いつけませんw遠距離からさくっとやられたりwただ奥義打ってたりすると硬直するのでその隙に距離詰めたりあえて一度引いてみて釣れたところをカウンターしたり試行錯誤していくのが良いかとw



基本的なことばっかりですが以上が対仙族との戦い方ですw

相手がどの派閥でも共通して言えることは


  1 どうやって距離を詰めるか
  2 無敵を使う(使わせる)タイミング
  3 いかにデバフで無力化させて聚賢化を打つか
  4 凸った後の自分の引き際を考える

 これが基本的な動きになってくるんじゃないでしょうか。違ってたらサーセンw
後は逃げる”フリ”や倒しにいこうとする”フリ”も結構使えたりしますw



 何か他にもありそうですがとりあえずこの辺で(・ε・;)
また機会があれば対神族のことも書こうかと思いますウホ(・3・)

氷氷氷!!!

一家におひとつ氷冷斬Ⅱ!!ボスでは無双できますね。

鬼の彷徨いほど使いづらいものはありませんw

足が遅い遅い。゜(゚´Д`゚)


三界値もだいぶ振れてきてようやく形になってきましたwまだ伸びしろがあるので先が楽しみです。

以上寝ぼけ眼な適当日記でしたw
プロフィール

ば~いはどそん

Author:ば~いはどそん
ば~いはどそんのプレイ雑記です。

適当に更新していくんで
(=´ー`)ノ ヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
y; 誅仙2 ば~いはどそんの適当なブログ All Rights Reserved.
Copyright © 2008 C&C Media Co., Ltd. All Rights Reserved. © Perfect World Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。